中性脂肪を下げるために青汁が効果的な理由と選び方のコツ

中性脂肪を下げたいという人は男女ともに増えているようです。それだけ私たちの食生活が豊かになったということなのかもしれません。

しかし、中性脂肪は放っておくと、さまざまな生活習慣病の原因となりますので、医師から指摘を受けたらできるだけ早く対策を始めたいものです。

最近は、中性脂肪対策のためのサプリメントも増えていますが、青汁でも中性脂肪対策ができるという話があります。青汁で、中性脂肪を下げるということは可能なのでしょうか。その理由や選び方のコツについて、まとめました。

中性脂肪に青汁は効果的なのか

青汁というと健康食品の代表的なアイテムです。野菜不足を手軽に補うことができるので、昔から人気のあるアイテムですよね。

最近は、飲みやすいタイプの青汁もたくさん出回っているので、選びやすくなりました。そんな青汁ですが、中性脂肪に良いといわれるのは、それに含まれる食物繊維やポリフェノールです。

もともと青汁の成分として有名なケールや明日葉には、ビタミンの他、食物繊維やポリフェノールが豊富に含まれています。いずれも普段の食卓には登場しにくい食品ですので、青汁で摂取することが効率的です。

食物繊維やポリフェノールには、中性脂肪の吸収をおさえたり脂肪分を速やかに体外へ排出するのを促してくれる作用を持つものがあります。そのため、中性脂肪が気になる人にも青汁はおすすめなのですね。

中性脂肪が気になる人の青汁選び方

中性脂肪が気になる人にとって、着目したい成分は、ポリフェノールのほかに、DHAやEPA、ミネラルなどです。

これらの成分が配合されているものを選べば、より中性脂肪対策を効果的にすすめることができるでしょう。

また、最近の青汁商品の中には、機能性表示食品として登録されているものもあります。この中には、はっきりと中性脂肪を減らすと明記されているものがありますので、これらを利用するのも分かりやすいと思います。

中性脂肪が気になる人の青汁飲み方

青汁は、健康食品ですので、いつ飲んでもかまわないことになっています。しかし、中性脂肪をできるだけ貯めないためには、食前に青汁を1杯飲むことをおすすめします。

食前や食中に野菜を摂取することは、血糖値の上昇を緩やかにすることが分かっています。しかも食事の前に青汁を飲めば、食欲をおさえることにもつながりますので食べ過ぎ棒にもなりますよ。

青汁を利用して中性脂肪対策を

中性脂肪が気になる人のための青汁利用方法についてお話ししました。青汁は中性脂肪が気になる人にとっても大きな味方になってくれます。

ぜひ効果的に取り入れてみてくださいね。