占いの根拠について

手相占いには根拠はあるのか?実は適当に占っているわけではない

手相占いの根拠は手の状況そのものである

手相占いは占いの中でも特にメジャーな方法であり、こういった部分から人を占うことは占いの世界では当たり前に行われています。

ただ、基本的に占ってもらう側の人たちは素人なので、手相占いに関して詳しくは知りませんよね。

すると、手相占いってそもそも何を根拠にしているの?適当に占ってるんじゃないの?

と思う人がいる可能性があります。

・手のひらの状況
・統計的な側面

主に上記の2点について根拠を解説をしていきますから、根拠が気になっている人は特にこの部分を理解すると良いですよ。

手相占いの根拠は手の状況そのものである

手相占いの根拠は手の状況そのものである

手相占いの根拠は何なのか?と言えば、占ってもらう人の手の状況そのものと言えます。

手のひらというのは日常的にいろいろな動作に使われ、人によって差が生まれる部分ですね。

したがって、その人の生き方とか、日常の過ごし方そのものが見えてくる部分と評価できます。

例えば、手のひらの筋肉を見て、そこが非常に発達している状況があれば、この人は日常的に力仕事などをしている可能性が高いと分かります。

すると、体力などに優れているという推測も成り立ち、健康体で長生きする可能性が高いという結論に至ります。

そういう観察力に優れている人が実際に手相占いをやっているわけで、それがどこまで当たるか?

は別として、根拠はきちんと存在しているわけですね。

統計的な根拠も手相占いでは使われている

統計的な根拠も手相占いでは使われている

手のひらは人によって違いが無数に存在していますが、その違いごとに占い師の中にデータが存在しています。

例えば、手のひらに刻まれた線の伸び方、長さなどを考慮して、ある特徴を持った人はこういう生き方をしているなどの経験則が各占い師には蓄積されており、そのデータに基づいて占っている側面もあると言えますよ。

だから、手相占いは利用者の手のひらの特徴と占い師の頭の中のデータとの照合作業とも評価できるでしょう。

占い師は数多くの人たちを見てきて、いろいろな人たちと付き合ってきて、その人生を観察してきた、手相との関係性を分析してきたという経緯があります。

因果関係ではなく、単なる相関関係と言ってしまえばそれまでですが、このような統計的な側面からも手相占いは行われている状況ですね。

そういう意味では、この点に関して言えば占い師ごとに結果は変わりやすいと言えます。

手相占いにおける根拠はあるのか?に関するまとめ

手相占いにおける根拠はあるのか?に関するまとめ

手相占いに根拠はあるのか?というと、一応存在はしています。

主なものとしては手のひらの状況、そして手のひらの特徴とそれぞれの占い師の経験則に基づくデータの照合という2つがあります。

手相占いに関する根拠があるという点を知っておくと、その話に真剣に耳を傾けようという気になると言えるでしょうね。