占いの根拠について

星座占いってどうやって占っているの?そして根拠はあるの?

そもそも星座占いはどうやって占っているのか

毎日のようにテレビで放送されていたり雑誌の最後のページに載っていたりするなどとても身近な存在の星座占い。

参考にしている方も多いのではないでしょうか。

しかし、星座占いはそもそも根拠のある占いなのでしょうか?

この記事では星座占いの根拠をテーマに色々解説していきます。

そもそも星座占いはどうやって占っているのか

そもそも星座占いはどうやって占っているのか

毎日のようにテレビで流れている星座占い。

これって誰がどのように占っているのか気になったことありませんか?

各局の占い師さんにもよりますが、星座占いのランキングは「今日、月がどの星座にあるか」というのを重視して決めている局が多いようです。

魚座と 蟹座と 蠍座は、「水の星座グループ」の仲間で牡羊座と 獅子座と 射手座は、「火の星座グループ」の仲間で双子座と 天秤座と 水瓶座は、「風の星座グループ」の仲間で乙女座と 牡牛座と 山羊座は、「地の星座グループ」の仲間です。

つまり、水の星座のどれかが上位にあるときは同じ水グループの他の星座も上位にきますし、どれかが下位のときは同じ水グループの他の星座も下位にきています。

その日、月がどのグループに来ているかを見て月が来ているグループが上位にランクインするという感じです。

これは知らない人が多いのではないでしょうか。星座占いはこのような仕組みで作られているのですね。

星座占いの根拠はあるのか

星座占いの根拠はあるのか

星座占いの仕組みはわかったけど根拠はあるのか気になりますよね。

毎朝の星座占いや雑誌の占い特集などはきちんとした占い師の先生が監修のもと作られていますので、信頼性はきちんとあります。

占いは当たることも多いですが外れることもないとは限りませんのでそう言った面から見たら100%根拠があるとは言いきれませんが、信頼性はあるので、ご安心くださいね。

星座占いに関してのまとめ

星座占いに関してのまとめ

上記では星座占いの仕組みや根拠などを述べましたがいかがでしたでしょうか。

毎朝ニュースなどのコーナーで放送される星座占いは上位に入っていたら1日がうまくいくような気がしますし下位だったら身の回りに気をつけて行動しようと身が引き締まりますよね。

もちろん星座占いが全てではありませんが、1日の始まりの楽しみとして活用したら占いの順位に関係なく輝かしい1日になるはずです。